News

「お金があるから買う」は間違い

お金がなくても生きていけるという考えを持つ人はいることでしょう。愛や友情といったものはお金では手に入らないと言われているからです。

しかしだからといって、お金がなくても生きていけるというのは少々大げさに言いすぎというものです。言い換えれば、お金で苦労をしたことが無い人のもつ甘い考えというものです。

お金で確かに全ての物は得られないかもしれませんが、ある程度の物は手に入れられます。ですから、お金って結局は大切な物なのですよ。そこに綺麗だとか汚い考えというのを持ち込むのは筋違いなのです。

私はお金のことを常に念頭において生きています。物を買うとき、値段は高すぎやしないか気にして、適正価格を調べたり、不法に金額を高くしていたりしないか調べます。それで可笑しいと思えてしまうような時は、買いません。

例えば、お祭の際の的屋。あれはどう考えても商品と値段がつりあっていないように感じませんか? たこ焼き焼きそばが500円。で、味はというと、正直可もなく不可もなくといったものです。それでもみんなは買ってしまうというのは、お祭の熱気がさせているのでしょう。それを上手く利用した商売という見方ができてもしかたがないですよね。

最近はコンビニのおでんなんかにもそれを感じますね。時々割り引きセールを行なっていて、70円均一といった価格であたかもサービス提供をしているかのように宣伝していますが、それでも冷静に考えると、十分お店が利益を出せるくらいの値段なのですよね。それでも買ってしまうのは、上手いことコンビニの利便性を利用しているからでしょう。

このように物に対して高いから買わないと決め込んでいる性格だと、非常にお金に五月蠅い人と思われがちなのですが、実際はそれくらい気にして生きるべきだと私は思います。誰かが疑問に思わなければ、下手をしたら騙され続けてしまうわけですから。

騙されていると薄々感じながらも「別に良いや」と思ってお金を使ってしまう人は、やはりお金で苦労をしたことが無い人ばかりです。

「君はお金あるんだからいいじゃん。買っちゃいなよ」と、時々周りの人によく言われます。あれは本当に嫌味な言葉です。お金があるなら買えというのは、貧乏暮らしを経験してきた私には屈辱な言葉に感じるからです。

「お金に余裕があるからって買うと思ったら間違いだぞ!」という考えが、世間に広がってもらえると嬉しいですね。そうすれば、ものの不正価値なんてものは無くなって、より良いものづくりもできるんじゃないかなと思いますから。

アルファードハイブリッド

駅のごみ

今日私はいつものように学校の帰りに駅に向かいました。

私は主婦で学校は10時から13時までなので、帰りの時間帯はほとんど電車に人がいません。

ゆっくり座れることが多いので、今日も私は「今日の授業が無事終わった~」と

一安心してホットしながら駅に向かって歩いていました。

駅の周辺はいつものように掃除のおばちゃんが綺麗にしてくれているのでとても綺麗でした。

しかし残念なことにホームにあるベンチの上に食べた後の串が入ったビニール袋がおいてありました。

誰かが置き忘れてしまったか・・・それともわざと置いて行ってしまったか。

私は思いました。「普段ゴミのないところにゴミがあると目立つなぁ」と。

そしてゴミって人を不快にさせるものだなぁと感じました。

世の中には自分から街を綺麗にする人もいるのに、ゴミを捨てる人もいます。

人間ってどうしてこうも違う性格になってしまうんでしょうか。

それってやっぱり“育った環境”が一番大きな影響ですよね。

親が教えてくれなかった・・・というより、親がきちんと愛してくれなかった。

自分は不幸で幸せじゃない・・・そんな心の隙間が「どうでもいいや」とか

「ちゃんとしなくてもいい」むしろ「いい子になんかなりたくない」

「幸せな人を邪魔してみたい」そんな心の悪を生むような気がします。

でもそれらのどんな事をしても“自分が幸せになる”ためには

誰かのために何かをすることで得られる「幸福感」を手にするしかないのだと

私は思います。

以前私にも嫌な時期が訪れたことがありました。

何をしても空回りで上手く行かない。彼氏はいないし体重はストレスで増える一方。

醜い自分がどんどん嫌になって自信を失って行きました。

周りの人が幸せに見えて嫌な人間になって行き、ゴミもちゃんと捨てなかったことがあります。

でも後で「誰かに見られたかな?」とかなんであんなことしたんだろう・・・と考えてしまい

かえって気分が悪くなったものでした。

今日の駅のホームのゴミはもしかしたら「ただ忘れただけ・・・」なのかもしれません。

それに対して私は完全におおげさなのかもしれません。

でも特に外国住んでいると、日本人のゴミの管理の上手さというか、街の綺麗さといったら

やっぱり世界一だと思うのです。

日本人の心の綺麗さ・礼儀・礼節な心。

最近特にこういう事の素晴らしさを感じずにはいられません。

そういう事をきちんと持ち合わせている人はゴミを忘れてそのまま電車に乗ることをしないのでは?ないでしょうか。